メニュー

内分泌代謝内科 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

職員専用

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

医師のご案内

氏名役職専門医・資格など
今井 泰平
(いまい たいへい)
部長 日本内科学会認定医・専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・代議員 

大島 淳

(おおしま あつし)

医師  

山岸 浩史

(やまぎし ひろふみ)

医師  
関 隆実
 (せき たかみ)
医師  

内分泌代謝内科について

内分泌代謝内科のご紹介

医師の診療内容

  • 患者さんの状態に合わせた治療、指導を行っています。特に3大合併症については、
  1. 網膜症:定期的眼科受診による網膜症有無の確認
  2. 腎症:微量尿中アルブミン検査、尿蛋白検査による早期腎症発現のチェック、腎症が進行した患者に対しては腎臓内科専門医との連携
  3. 神経障害:アキレス腱反射等での神経障害有無の確認、治療
  • 3大合併症の他に心臓や脳などの大血管障害、足の病変にも常に注意をしています。
  • 標準体重の確認と食事内容の1日総カロリー摂取量の把握と食事内容の見直し、管理栄養士による栄養指導の依頼。
  • 運動療法の指導

 

看護師の診療内容

  1. 受診当日の血糖値、HbA1c、検尿、体重、血圧などの結果を糖尿病連携手帳に記入しお渡しします。
  2. 医師の診察後、指示のもとに診療指導を行います。
  3. インスリンの自己注射指導を行います。
  4. インスリン自己注射を行っている患者さんは、自己血糖測定が保険適応となります。測定器は無料で貸し出します。
  5. 毎週月曜日の午後に完全予約制でフットケア外来を行っています。

 

糖尿病患者会について

ざくろの会(糖尿病患者会)があり、糖尿病教室(年6回)、調理実習(年4回)、歩く会、ウオークラリーなどの行事を通じ、医師、看護師、栄養士、検査技師など医療従事者と患者さんの同士の交流を図っています。

診療統計

在宅指導管理・加算(件数)

 

2019年度

2020年度
在宅自己注射指導 4,884 4,527
導入初期加算  196 219
バイオ後続品導入初期加算   131
在宅療養指導 745 686
在宅妊娠糖尿病管理 123 140
糖尿病合併症管理 953 979
糖尿病透析予防管理 129 95

入院診療実績(人数)

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
糖尿病 184 141 114 177 102
 1型糖尿病 15 13 14 12 6
 2型糖尿病 169 126 100 105 94
 その他の糖尿病 0 2 0 0 2
急性合併症 13 17 13 17 18
 低血糖症 2 5 1 4 3
 糖尿病性ケトアシドーシス 6 9 8 10 6
 高血糖高浸透圧症候群 5 3 4 3 4
 乳酸アシドーシス         1
 足壊疽・感染症         4
糖尿病合併妊娠         3
内分泌疾患 18 43 35 22 18
 下垂体疾患 5 6 15 5 5
 甲状腺疾患 3 4 4 3 3
 副甲状腺疾患 1 1 0 0 0
 副腎疾患 7 14 7 4 3
 性腺疾患 0 1 0 1 1
 電解質異常 2 19 9 11 8
その他の疾患 34 19 24 14 22
糖尿病教育入院 104 62 55 53 19
副腎静脈サンプリング検査 2 8 4 2 1
インスリンポンプ導入 1 1 1 1 0
持続血糖測定検査 3 4 5 3 0