メニュー

院長ご挨拶 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

職員専用

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

当院について

当病院長 冨滿弘之(とみみつ ひろゆき)よりご挨拶申し上げます。


 

Dr.tomimitu

病院長 冨滿弘之

 2020年4月1日付けでJAとりで総合医療センター院長を拝命いたしました冨滿弘之と申します。1976年に旧取手協同病院と旧龍ヶ崎協同病院を合併して現在の地に移転したのを始まりと考えると、当院はこの地で50年近く診療を行ってまいりました。この間に増改築を繰り返し、414の病床数をもつ茨城県県南部、千葉県北西部の約53万人を医療圏とする救急基幹病院になりました。そしてこの度、その歴史ある病院を引き継ぐことになり、私は身の引き締まる思いでいます。

 私たちは救急救命から高度な急性期医療の提供に努め、患者さんの病気を治すことに全力を尽くします。それでも日常生活に戻るために訓練が必要な方は、当院では回復期病棟で一定期間のリハビリテーションを行った後に退院することができます。

 また、訪問看護ステーションを併設しており、退院後の自宅での生活が安心して行えるように医療的支援も行っています。 更には健康管理センターで人間ドック、健康診断を行っており、健康相談も受けることができます。つまり健康を維持する時期から、病気にかかった後の急性期治療からリハビリ、更には退院後の生活支援が必要な時期まで、あらゆる場面でみなさまが利用できる病院であり、このような病院は非常に稀であります。

 これらの施設を用いた診療は、これまでも行ってまいりましたが、今後は更なる目に見えない価値をつけて、これまで以上の診療を行いたいと思います。長い期間を通して診療ができる利点を生かし、患者さんを全人的に診ていくことを約束いたします。つまり、患者さんやご家族とコミュニケーションを深めることによって心を通わせ、お互いに痛みや辛さを分かち合って治療、療養、介護支援を進めていきます。一人でも多くの方が満足して病院を出られ、地域で安心して生活できるよう、私たちは職員一丸となって邁進してまいります。

 みなさま、これからもJAとりで総合医療センターをよろしくお願いいたします。